―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > これまで大事にとっておいた、大切な着物を正しく評価

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

これまで大事にとっておいた、大切な着物を正

これまで大事にとっておいた、大切な着物を正しく評価してもらいたいと思うなら一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらい買取価格を比較できれば申し分ありません。そのためにも、査定後にキャンセルが可能な業者を訪ねることをすすめます。



査定額の比較を終えて、金額も対応も信頼できる、良い業者と話を進めていくために査定時に言われた様々な条件もそれも比較検討の材料にして、決めるといいでしょう。
長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物がある方、多いと思います。着物は着るべき時に着るもので、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。



しかも小袖類に比べて、振袖は虫干しだけでも手間がかかり、細心の注意を払わないといけないですね。振袖など、着る機会が限定される着物は特に、いっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


ものが同じなら、新しく保管状態のいいものは高値を期待できます。祖母が遺した着物があったので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。



私たちが何度も着るような着物はなく、誰も着ないのにとっておくのも着物が生かされないと思うし、着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。

一軒だけだと不安なので、複数の業者に見てもらいましたが一点で高値がつくようなものはなく、全部まとめてこの値段と、どこでも言われました。最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。着物買取の査定を受けるときにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。
証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地で、一定以上の品質の製品だと明確に示している登録商標のしるしです。


この証紙を捨てる方やきちんと保管していない方もいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、捨てていなければ、ぜひ探してください。
仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、具体的に処分を考えたら、高値売却のために買取業者さんの評判を確認しましょう。



サービスが充実していて高値買取してくれそうな業者さんにあたりをつけたら、複数のところに査定してもらい、比べてみると一目瞭然です。買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、満足のいく結果も出やすいと思います。



古い和服を処分すると言ったら、友人が買取の概要を教えてくれました。新しくて着ずれ感がない着物などが高額査定がつきやすく、汚れや傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買取を拒否される場合もあるとのこと。まあ、仕方ないですね。きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。
祖母の遺品を少しずつ整理しています。
その中でかなりの数の着物があることがわかりました。



専門の業者に引き取ってもらおうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者もあることに驚きました。着物に帯、小物を合わせるとかなり重く、これをお店にどうやって運んだらいいのか、と途方に暮れていたのでそれだけでもこちらは助かります。大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服だけは気をつけなければいけません。
普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。



葬儀に洋装が一般化した現在では、中古ではなおさら、着る機会が限られる喪服の需要は僅少だからです。
それを理解した上で、買取を希望するなら、ごく一部ですが、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、そうした会社に問い合わせたほうが効率が良いと思います。自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も案外身近にいるものです。
着物の中でも、需要が多くて売れやすいのは何かと誰でも疑問に思うでしょうが、需要が多いのは何といっても訪問着です。



訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。


訪問着で、手放してもいいものがある方は、査定は無料の業者が多いですよ。
友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと相談を持ちかけてきました。
すれや傷みもあるということで買い取りできないときはどうしたらいいのかとあれこれ心配しています。
ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。

友人もさすがに、リサイクルを止めて、他の方法を探しています。

関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.