―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > 着物を買い取ってくれる業者があるこ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

着物を買い取ってくれる業者があることは知

着物を買い取ってくれる業者があることは知っているけど、利用したくても自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。

そう思うのもわかります。ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。また素材や技法によって価値が決まるので買取の相場があるわけでなく、素人には本当の価値がわかりません。

有名作家の作品や有名ブランドの着物を売ろうと考えているなら、それは高値で売れる可能性があります。ブランド品でも最近のものは昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので中古市場で高値をつけられるからです。私の友人は最近、祖母の形見という着物を手に入れて自分では着ないので、業者に買い取ってもらおうかといろいろな人に聞いていました。



ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで査定しても買い取り拒否、なんていわれるかもしれないとあれこれ心配しています。
私もよくわかりませんが、売れる品でないと買い取らないだろうし、できるだけ新品に近い、傷みのない着物を買い取るのが当たり前ですよね。


そんな話をすると、友達は業者に見せるのを止めることにしたようです。

不要な着物を買い取ってくれる業者があると聞き、家の近くから通販専門のところまで、何軒かネットで調べました。買取の流れは初めての人にもわかりやすく、自宅など指定した場所まで取りに来る業者や専用の箱も無料、宅配で送るのも無料で、査定も無料という業者も複数あるようです。自分に合った買取方法を調べると、持ち込みができないほど大量でもなく近くのお店の予約を取ってから、直接持って行き、お金の受け取りまでできればいいかなと思いました。
もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着物を買い取ってもらえないかなと思う方も思いの外、多く見かけます。それでは、売れやすい着物は何なのかと素朴に考えるところですが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。


訪問着は色柄とも、さほど年齢で限定されず、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。
訪問着で、手放してもいいものがある方は、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。家を建て替えることが決まったのでためこんでいたものを整理していると反物が出てきたのでびっくりしました。手入れはされていませんでしたが、しまっていた場所が良く外から見てわかるような傷みはなくたぶん上物だと思います。着物の買取業者で反物も買い取るか聞いてみたら、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえるそうです。仕立てないまましまっておくよりも、そのうち買い取ってもらおうと前向きに考えています。文字通り、タンスの肥やしになっている着物がわが家にもあって、買い取るお店に予約して、持ち込む手間を考えると二の足を踏み、手間をかけて持ち込んでも、それに見合った買い取りをしてくれるのかなかなか人に聞くこともできなかったので結局処分に踏み切れませんでした。最近の買取サービスは進んでいて、着物も宅配で買い取りするところが手軽に利用できるようです。

業者間の差もあるようなので自分のニーズに合った業者をじっくり探していきます。いい着物であるほど、自宅で手入れするのは大変です。着ないとわかっている着物は、一日でも早く着物の買取業者に見てもらう方が世のため、人のためかもしれません。



余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか決めるのに迷うときはインターネットの検索を工夫して着物買取業者の評価も調べられます。


着物の状態は当然評価されますし、高級品でも制作者を見られることはありますが状態がいいことは、その他の価値に優先します。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、査定額は何で決まるのか調べてみると、共通点がありました。素材や色柄、仕立てが上等であることが必須条件でしょうが、加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなども買取価格に響くようです。ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても査定のときに傷が見つかったら大きく価値が下がってしまう感じです。



着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるなら本当にラッキーだと思います。
新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる条件を満たしています。柄に人気があるか、上質の素材だったり、仕立てが良かったりすれば思いがけないお宝になるかもしれません。


反物も一反あれば買取可能なのが普通です。仕立てる予定のない反物も買取の相談だけでも試してください。私が着物を買い取ってくれる店を探していると言ったら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。きれいで新しめの品物のほうが高値になり、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、それなりの価格になってしまうこともあり、ときには引き取ってもらえないこともあるとのこと。
まあ、仕方ないですね。さすがにそこまで悪いのは手元にないので、専門業者の査定というのを受けてみたいと思います。

関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.