―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > 一度も着ることなくしまわれていた着物も、どんなも

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

一度も着ることなくしまわれていた着物も、ど

一度も着ることなくしまわれていた着物も、どんなものでも高く買い取ってくれるわけではありません。

一度も着用されないものであっても経年劣化は多少なりともあるので状態の悪化はどうにも避けられません。何回着たかは絶対的な価値ではありません。


査定したときの状態が悪ければ価値はありません。運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、などの着物があれば幸い、一日でも早く買取業者に見せましょう。


どうにも着る機会がない着物がある方、多いと思います。
着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。しかも小袖類に比べて、振袖は管理も他の着物に比べ負担感が増します。振袖など、着る機会が限定される着物は特に、いっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。

ものが同じなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。
たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなどセットで売ることもできます。とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。
これは下着と考えられるため着用されたものは誰も買わないためです。
例外もいくつかあります。たとえば未使用で正絹など上質な素材のもの、柄が珍しいものであればうまく交渉すれば買い取ってくれるかもしれません。

まずは査定にかけることをすすめます。
着物買取の案内をよく読むとわかりますが、業者では着物だけでなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。

そのことを考えれば、小物まで合わせて買い取ってもらうことで着物に合った小物も買い取れるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるという話もよく聞きます。着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類も着物を送る際、一緒にして宅配で送り、無料査定を受ければ不要品の処分と、買取が同時にできます。
要らなくなった和服を買取に出すとき、引取り額がわからないと不安になりますね。ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。
ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物というのは素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、単純にはいきません。

また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。
着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。
そんなに嵩張るわけでないなら、和服の処分は直接買取店に持ち込むのが最も確実だと思います。
自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、断って別の店を探すこともできます。
対面で疑問点の解消もできますし、価格面でも納得がいきやすいでしょう。もし、分量が多くて持参できないときは、持ち込みで2、3着みてもらって、これなら大丈夫という引取業者に出張査定を依頼すればよいのではないでしょうか。着物の買取を考えているので、まずはどんな着物に高値がつくのか調べてみると、共通点がありました。



素材や色柄、仕立てが上等であることが最低限要求されます。
それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも買取価格に響くようです。
ブランド品や、最高級品といわれる着物であってもプロが傷を見つけてしまうと大幅な査定額減は避けられないようです。

近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者が増加する傾向にあります。
インターネットで検索するとたくさんの業者が出てきますが、一番心配なのは、本当は営業実態がなくて、品物だけを詐取するような違法行為をしている業者もあるという事実です。着物は着るのも見るのも良いものですがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管も桐箪笥が望ましいということで実に大変です。もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。
次に着てくれる人がいるでしょうし、季節ごとのお手入れも、少し軽減されます。

着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、そんな中で、買取で高い評価を得られるものといえば産地がその名につくブランド品です。

大島紬、あるいは本場黄八丈といった着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドなら欲しい方が多いので高く買い取ってもらえることが多いようです。当然、傷や汚れがあれば価値は大幅に下がりますし、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどの着物でも変わりません。



関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.