―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > 自分が以前から、大事にしている織り着物があ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

自分が以前から、大事にしている織り着物がありま

自分が以前から、大事にしている織り着物がありましたが折々の手入れも欠かさず、大事に保管していましたが、洋服しか着ないときがほとんどで着物を着なくてはならない用もなく処分してもいいかなと思うようになりました。
買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物の買取を専門に行う業者も結構あるとわかりましたゴミとして捨てるのは辛いし、他の誰かに着てもらえれば着物も喜んでくれるのではないでしょうか。
思い切って売ろうと決めました。



着物の買取を検討している方にとって切実な問題は、たくさんの買取業者の中から絞り込むのに何を判断材料にしたらいいか、です。現在は、ネットで簡単に多くの業者を見つけ、全国を対象に探せるので自分に合った業者を見つけるのは非常に難しくなっています。着物の買取を行う町の古着屋もたくさんありますが、着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。

専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定人に相談できるので価値を十分に評価してもらえるでしょう。
それほど重さが苦にならないのであれば、着物の買取は、店舗に直接持参するのが一番分かりやすい方法でしょう。わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、断って別の店を探すこともできます。



直接会って話すわけですから、価格を交渉することもできます。
また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、1点か2点を持込査定してもらい、信頼できそうな業者さんに家に来てもらえば良いのです。着物買取の値段を決める要因は、というと着物のブランドや素材、色柄は当然として、保管状態も大事です。もとは最高級の着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだとかなり価値を下げてしまうのがごく当たり前です。



それでも、何とかきれいに落とせるなら買取の可能性がかろうじて残っています。

くれぐれも素人判断は禁物です。
無料で査定も受けられるので、ぜひ利用してください。

初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。でも、とにかく手入れが大変です。周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。桐箪笥で保管しなければならないのはわかっていますが、横長のタンスを置く場所はありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。

もう着なくなった着物を買い取ってもらうため、高額査定の決め手になるのは何か調べてみると、共通点がありました。そもそも高級な品であることは必須条件でしょうが、それだけでなく、使っている間に、シミや傷がついていないかということも買取価格に響くようです。どんな高級品だとしても査定のときに傷が見つかったら大幅な査定額減は避けられないようです。タンスの中で休眠状態の着物は多くのご家庭にあるでしょう。着るべき時があれば着物を管理する意味もありますが、全く着ないとすれば、管理に負担を感じるばかりです。しかも小袖類に比べて、振袖は管理も他の着物に比べ負担感が増します。
振袖など、着る機会が限定される着物は特に、専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。
生地や色柄、仕立てがいいものなら、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。
中古着物(和服)買取って、最近では宅配便で対応してくれる業者が多いようなので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、引き取ってもらおうと思っています。紬や絣など高価な着物も多いので、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。
中古品の買取は古物商免許が必須ですから、先に確認してから電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

着物の価値を評価してもらうためにぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。

反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを明確に示している登録商標のことなのです。

これを捨ててしまったりきちんと保管していない方もいますが家電やパソコンと同じように、品質を証明する書類のあるなしで買取価格が大きく違いますので捨てていなければ、ぜひ探してください。


一般的に質屋さんはなんでも扱うと思われがちですが、和服を扱わない店も増えていますから、持参する前にあらかじめ聞いてみたほうが良いと思います。


どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、より高い価格で買い取ってくれるので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。といっても知っている店がないという場合は、ネットで調べるといくらでも見つかると思います。

関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.