―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > 中古着物(和服)買取って、宅配便

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

中古着物(和服)買取って、宅配便を利用し

中古着物(和服)買取って、宅配便を利用したサービスが多いらしいので、私も母や叔母から譲り受けた着物を、手放そうと思います。
高級品や袖を通していないものもあるので、誠実な業者さんを探したいと思っています。古物商の認可が必要らしいので、とりあえずそれを確認してから依頼するつもりです。祖母の遺品を少しずつ整理しています。

その中で欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。

買い取りしてもらうことに決まり、いろいろ調べてみると梱包しなくても、電話すれば車で買取に来る業者も何軒もあってびっくりしました。売りたいものを全部まとめると大変な数でひとりでお店に運ぶなんてありえないと頭を抱えていたのでこういうサービスが欲しかったと思いました。着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、どの業者を選べばいいのか、上手な決め方がわからないことでしょう。

今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので決め手がなければ選べないでしょう。古着屋で着物も扱うところが多いのですが、着物としての価値を追求するなら、専門の業者でないとわかってもらえません。



専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定人がいると考えられ、付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。タンスの奥で長いこと眠っている着物がある方、多いと思います。


着物を着る機会が多い方はそうはいないもので、折々の手入れだけでも大変なのは事実です。



中でも、振袖はお袖が長い分だけ、他の着物より格段に手がかかります。
もう着ないと考えられる着物ならば専門の業者に買い取ってもらうことを検討してもいいでしょう。



生地が上質で、仕立ても良いものであれば、良い状態で保管されたものほど高く買い取ってもらえます。

普通、着物を売る機会って殆どないですよね。


もし処分するなら、高値売却のために買取業者さんの評判を確認しましょう。


サービスが充実していて高値買取してくれそうなお店をいくつか選んで、少なくとも2社以上に見てもらい、査定額を比べるのです。買取額が高く誠実な業者のほうを利用すれば、納得のいく取引ができるでしょう。
絶対着ない着物を、ご自宅に抱えている方は多いでしょうし、今後増えるでしょう。



可燃ゴミにはしたくないものですし、価値があるなら、売ってお金をもらいたいですよね。もし着物を売りたいなら、専門業者の中ではどこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。


査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

無料査定ならば、とりあえず価値を知りたい方にもおすすめです。着物の処分を考えている方、まずは試しでぜひ一度検討してみてください。
着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友達のお母さんが買取のコツを教えてくれました。



状態がきれいであることのほかに、新しめの着物のほうが高く売れるのは当然みたいですが、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、査定額もぐっと落ち、買い取ってくれなかったりすることもあるみたいです。

きちんと保管してあるし、捨てるのももったいないので、査定だけでもお願いしてみようかなと思います。

全く袖を通したことがない着物でも、無条件で付加価値がつくとは限りません。未使用の着物であっても経年劣化は多少なりともあるので糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。

着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。



仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているなどの着物があれば幸い、買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。
近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、買取大手の「スピード買取.jp」という店は、ネット店舗ながらも、専門の査定士がいて顧客満足度も高いようです。電話での相談・問い合わせは無料(0120)で、年中無休で受け付けているので、忙しくても手があいたときに相談できるのが嬉しいところです。


(携帯・スマホ可)無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、利用しやすい業者さんだと思います。友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが自分が着るより他の人に着てもらいたいので、買取業者に引き取ってもらおうと相談を持ちかけてきました。
すれや傷みもあるということで買い取りできないこともあるのかななんて心配もあるようです。
そうですよね。

次に売れるものを買い取るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。



友人もさすがに、リサイクルを止めることにしたようです。



関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.