―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

和服きもの買取サービス

和服きもの買取サービスについて
トップページ > タンスの中で休眠状態の着物の管理に

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

着物の高価買取専門は【買取プレミアム】へ

タンスの中で休眠状態の着物の管理

タンスの中で休眠状態の着物の管理に悩んでいませんか。
着物を着る機会が年に何度もあれば別ですが、良いものであればあるほど、保管や手入れは大変です。
振袖の場合、色も鮮やかなものが多く、お袖も長いので管理も他の着物に比べ負担感が増します。もう着ないと考えられる着物ならば買い取りしてもらうと、楽になれるのではないですか。


ものが同じなら、傷みなく着ており、きちんと手入れされていれば買取価格は高くなります。



不要になった和服などがあれば、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。愛好者の多い紬などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、プロがしっかり見た上で値段をつけてくれます。

専門店なので買取額も高めなのが良いですね。
紬だけでなく、友禅やブランド着物なども取扱対象のようです。また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。着物の保管は本当に大変ですよね。着ないとわかっている着物は、折を見て着物の買取業者に査定してもらうと世のため、人のためかもしれません。

買取業者も新旧、全国各地にたくさんありますので多くのデータを集めて決めたいときにはランキングサイトを上手に活用し、自分が納得できる買取ができそうな業者を見つけましょう。着物の状態は当然評価されますし、高級品でも制作者を見られることはありますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。

高かった和服を業者に引き取ってもらう際は、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。私がよく聞く買取に関するトラブルは、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配便査定のキャンセル時に、返送されない・足りない・物が違うというのも多いです。あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、吟味した上で査定を依頼し、梱包前に写真を撮っておくのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。
着なくなった着物を買取に出すと、昔の正絹の着物などは思ったより良い値になるケースがあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。けれどもウールや化繊の着物というと、本来の価格が低いですから、着物買取業者でも値付けが低かったり、値段がつかない(引き取れない)こともあります。古着屋さんやリサイクル店なら、買い取ってくれる率が高いでしょう。まずは問い合わせしてみてください。
初めてのお宮参りで、着物を新調しました。



一度しか着ないものだし、レンタルでもいいかと思いましたが、周りからの、着物を買うのが当たり前というプレッシャーには勝てませんでした。けれども、手入れも保管も結構な負担です。周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管もそれなりに大変なのは承知しています。とはいえ、桐だんすを購入するにも着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。もうすぐ七五三で着ますが、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。

着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、各種和装小物も買い取るところが多いのです。
ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえば着物に合った小物も買い取れるので着物本体の査定価格に上乗せしてくれるといった裏技があります。着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類も思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配便にし、査定してもらうと絶対に損はしません。もう着なくなった着物が何枚かうちにあるのですが買い取りのお店まで持って行く手間も時間もなく、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのかそこから調べるのかと思って、ずいぶん長い間放っておいたのです。


この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も増えてきているそうで業者間の差もあるようなので自分の希望に合ったサービスを行うお店をがんばって見つけたいです。

これまで大事にとっておいた、大切な着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。何軒かで査定を受けるようにして買取価格を比較できれば申し分ありません。
ですから、はじめから査定後に買取キャンセルできる業者を訪ねることをすすめます。

データが揃った後で、一番高値の信頼できる業者に買い取ってもらえるように査定のときに、条件を出されたとすれば、それも比較検討の材料にして、決めるといいでしょう。

要らなくなった着物を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。着物の価値のわかる査定員のいる業者に査定してもらうのが一番です。

関連記事


詳細はこちら

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 和服きもの買取サービス All rights reserved.